秋バテ?!この怠さは秋バテかも知れない・・・

ひさしぶりの更新。

先ほどちょうどテレビでやってた「秋バテ」。心当たりあるある!今のこの体調不良はもしかしたら秋バテかしら・・・?

秋バテとは一体?

やっと夏も終わり、涼しくなったのになんだか体がスッキリしない・・・。体がだるい・・・。そんな人がふえているんだそうです。

それは言うなれば秋バテとのこと。

秋バテの原因について

激しい気温の寒暖差で自律神経が乱れて様々な体の不調が現れること。

自律神経・・・それは元々乱れまくりなんです、わたし。それはもうずーっと前から。それに加えてこの寒暖差でより一層やられているわけね。と妙に納得しています。

具体的に「激しい寒暖差」というのは、7℃程度だそうです。

気温が7℃ほど上下すると自律神経の切り替えが追い付かずに不調が現れるそうです。

秋バテの主な症状

  • 睡眠トラブル
  • 体が怠い
  • 頭痛
  • 肩こり などなど・・・。

今年は猛烈な暑さの夏があり、ここ数日は急激に気温が下がっていることもあり例年よりも多く秋バテに悩まされる人が増えるということです。

目の奥やその周辺が痛む群発頭痛が発生することもあるそうで、この群発頭痛は1週間以上続くこともあるそう。元々頭痛持ちなので恐ろしい・・・。

ちなみに今日まさに仕事中に異常に肩がこって頭が痛みだし、鎮痛剤を飲んだところです。

秋バテになりやすい人の特徴

  1. 気温が下がった今でも頻繁にエアコンや扇風機を使っている
  2. 冷たい食べ物を好んで食べている
  3. せっかちで早口
  4. 几帳面
  5. 平日と休日で起床時間が1時間以上違う
  6. 夏に体重が減った

以上の6点が紹介されていました。

このうち3つ以上当てはまる方は要注意!!!だそうです。

私は5つ当てはまる。悲しいことに「夏に体重が減った」以外のすべて(笑)体重は切実に減って欲しくてダイエットしてたにも関わらずそこだけは一向に減らなかった←

※3と4の「せっかちで早口」と「几帳面」ってなんの秋バテと何の関係があるの?と思いがちですが、これに当てはまる人は交感神経が高ぶっているためだそうですよ。そうなのか・・・。

秋バテにならないために心がけること

  1. 冷たいものを食べ過ぎない
  2. 入浴時は39℃~40℃くらいのぬるめのお湯に15分程度入る
  3. 寝る前1時間くらいはスマホを見ないようにする
  4. 毎日20分程度の運動をする
  5. カーディガン等、羽織れるものを持ち歩く

寝る前1時間くらいスマホを見ない。これついついやっちゃうんですよね・・・。寝る前にLINEポコポコとLINE POP2をライフが無くなるまでやってから寝るというのが日課になっている(;^_^A

確かにここんところ頭痛とか肩こりとか、普段の自律神経失調症の感じが頻繁に症状に出ててつらいのは間違いない。これで体調が良くなるならスマホやめるか。そもそもスマホゲームやりこんでも何も生まれないしねぇ・・・。

そして、毎日20分程度の運動。

ダイエットにもう1年以上励んでるけど、運動だけは継続できない私にはなかなかハードルが高いわ。でもこれもダイエットになる&自室神経が落ち着くなら・・・頑張ってみようかな。

まとめ

涼しくなったからと言って過ごしやすくなるわけではないという悲しみ。

上にあげた改善法をやってみようと思います。これで本当に改善できるかどうか、気が向いたらここで結果報告でもしてみようと思います☆

最近になって、体調が優れないという方もしかしたら秋バテかも?!モノは試しです!ぜひ実践してみてはいかがでしょうか?

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です